【Athlete Path Way 】我々チームが目指す『アスリートパスウェイ(スポーツを通じた道すじ)』とは・・・

障害を有しているという理由だけで活動・行動範囲が制限されないこと、またトップアスリートを目指すものや社会生活での夢を叶えるために、様々な可能性を見出し、挑戦し、壁を乗り越え、成長することである。

Athlete Path Wayの経緯

障がい児・者の日常の多くは、頭で考え感情的な緊張が高まっていることが多くある。

そういう人には身体を使うようにすることが感情的な緊張を和らげ、安定した心理状態に導くことが可能である。
具体的には、チームに加入することは、身体を動かすことで、我々と同じ満足感や達成感、高揚感をスクール現場で体現することができる。また、サッカー以外においても「気づき」、「発見」を繰り返すことが可能となる。
そして、『Athlete Path Way』は成長していく大きな存在として位置づける事ができ、重要なFactorとして、心身ともに極めて大きな効果が期待できる。

MISSION

(存在意義、運営理念)

我々は、人の可能性を最大限に発揮するために行動し、個々の素晴らしい未来予想図を描く手助けをする。

VISION

(展望、あるべき姿)

1.我々は、障がい児・者の抱える課題を抽出し、解決し続けていく。
2.我々は、アスリートのキャリアだけでなく、人生のキャリアも同時に育成し、デュアルキャリア形成を目指す。
3.我々は、個人の尊厳を守るとともに、多様性の尊重を常に実行する。

VALUE

(行動指針)

我々は、過去の障害者に対する課題が十分に解決出来ていないことを知っている。
これから実行していく課題には当然、大きな壁が立ちはだかることが予想される。
しかし、大きな壁が立ちはだかっていても、解決するための純粋な心を保ち、個人の努力及び仲間との協力により、1㎝いや1㎜でも『粘り強く』前に進み続けていく。

チームの魅力

チームの魅力

1)サッカーに興味のない人や最初の1歩を踏み出せない人に対して、先ずは、興味を持ち、さらに意欲を持ってもらう手助けを行います。その取り組みの一つとして、ヘッドコーチがコーディネーターとなりスタッフと連携し、最適かつ円滑な活動を通して、障がい児・者の安心できる居場所づくりを行います。

2)ヘッドコーチやスタッフは、スペシャルオリンピックスのスタッフと同じです。これにより、トップを目指すアスリートには、スタッフと選手の接する時間も長くなり、円滑で柔軟な対応が可能となり、信頼関係構築を図ることが出来ます。また、アスリート自身の心身負担の軽減と競技意欲の向上にも期待がもてます。

3)競技のレベルや個々の目標等に応じて選択肢は多く存在しています。この様々な個々の目標を達成するため、スペシャルなスタッフがこのチームに在籍していることは、最大のポイントでありコーチングの強みです。

4)スペシャルオリンピックス所属アスリートがプレイヤー兼アスリートとして加入しています。これにより、Athlete同志として互いに教えあい・共感し・刺激を与えあえることで、習熟を加速させ、チームとしての裾野を広げていいきます。

5)トップアスリートと人生のキャリアも同時に育成し、デュアルキャリア形成を目指します。これにより、短期だけでなく中・長期的な目標をたて、生活面での充実・改善など、サッカーを通じた社会との密着や展開が期待できます。

※スペシャルオリンピックス(SO)とは、
知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を年間通じ提供している国際的なスポーツ組織です。
(https://www.son.or.jp/ スペシャルオリンピックスホームページから引用)

 

PAGE TOP